ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
* 和食・郷土料理・定食 の記事一覧
お秀茶屋の田楽 
2007.06.19.Tue / 01:18 
お秀茶屋
6月16日(土)11:18撮影。

土曜は、福島市から友人二人(おこさん&ゆうきさん)が
遊びに来てくれたので、私るるぷぅが会津をご案内~♪
遊びにきてくれて、ありがとう!

爽やかな風を感じながら、東山温泉で軽く足湯(共同足湯川床足湯)を
楽しんだ後は、奴老ヶ前の『お秀茶屋』にて、早めの昼食。

観光地は、何事も早め早めが良いのです。
(混んでて 食べられなかったら悲しいので)

お秀茶屋
6月16日(土)11:19撮影。

店は、創業延宝年間の老舗茶屋。(1673~1680年くらい)

江戸時代の初め(二百年前)会津城主が裏山に刑に処する人に
この田楽と清水を飲ませたと云う城主の思いやりの味が
今尚続いている
 (←看板の説明より)

お秀茶屋
6月16日(土)10:49撮影。

店内も古民家そのものの懐かしい雰囲気たっぷり。
写真は座敷席ですが、私達は囲炉裏が良く見えるテーブル席に♪
開け放った窓や戸から吹き込み通り抜ける風がとても心地よかったです。

お秀茶屋
6月16日(土)10:50撮影。

囲炉裏で一本一本丁寧に且つ手際よく
田楽を焼き上げてくれるご主人は17代目。
白い扇風機も炭火で真っ黒になりながら、
火おこしを手伝ってます。(^^)

お秀茶屋
6月16日(土)10:49撮影。

お秀茶屋
6月16日(土)10:53撮影。

田楽:735円
こんにゃく・餅・生揚げ・身欠きニシン、4種類6串のセット。

甘く香ばしく焼かれた味噌田楽は、どれも本当に美味しい!
お餅もすごく柔らかく弾力あって、のびるのびる♪

お秀茶屋
6月16日(土)11:19撮影。

店先の丸ポストにも ほっと和む奴老ヶ前の茶屋。
外のテーブル席で庭を眺めながら食べる田楽というのも
茶屋らしくて、また美味しさ格別かもしれませんね。

今回なんと、味噌田楽というものを初めて食べたという ゆうきちゃん。
彼女にもたいそう気に入って頂けたようで嬉しかったです。
会津には美味しい田楽を出す店がいっぱいあるので、
またいろいろ案内してあげたいものです。

■お秀茶屋
■住所 会津若松市東山町大字石山字天寧308
■TEL 0242-27-5100
■営業 10:00-18:00 ※無くなり次第終了
(冬は 10:00-17:00)
■休業 不定休
■駐車場 10台

この記事を下記にトラックバックさせて頂いております。
トラックバック・ピープル:会津について会津についてのトラックバックピープル
トラックバック・ピープル:丸ポスト丸ポスト
* テーマ:福島県 - ジャンル:地域情報 *
じねん亭鶴乃舞の会津産黒米わっぱ飯 
2007.05.26.Sat / 18:06 
じねん亭鶴乃舞
5月20日(日)13:06撮影。

先週日曜のお昼は、七日町の『じねん亭鶴乃舞』にて。
蔵造りの建物が素敵です。
七日町とうふ茶屋清水庵のお隣さんです。

じねん亭鶴乃舞
5月20日(日)12:40撮影。

店内は、和の趣たっぷり。
温かみのある灯りに包まれ、とても落ち着く空間です。

2Fには座敷席もありますよ。

じねん亭鶴乃舞
5月20日(日)12:41撮影。

年季の入った箪笥の上には、会津の物産コーナー。

じねん亭鶴乃舞
5月20日(日)12:39撮影。

じねん亭鶴乃舞
5月20日(日)13:05撮影。↑拡大表示します。

さて、メニュー。
とってもシンプルで、これ一枚。

山法師わっぱ・北海わっぱ・カニわっぱ・
いもわっぱ・ビビンバわっぱ・
会津郷土食・会津黒米うどん・
鰊の山椒漬け・棒鱈の甘露煮・こづゆ。


じねん亭は、会津の郷土料理わっぱ飯のお店なのです。

じねん亭鶴乃舞
5月20日(日)12:48撮影。

私は、これ!
いもわっぱ(小鉢・漬物・みそ汁):1,050円

じねん亭鶴乃舞
5月20日(日)12:47撮影。

いやぁもぉ、芋好きにはたまらないっ! 芋・芋・芋だらけー。
さつまいも・じゃがいも・里芋・長芋♪
とっても豪華です。

***** 追記 *****
小さくて丸っこいジャガイモみたいなものは、
「むかご」というものだそうです。
長芋や山芋の葉の付け根にできる小さな芽。
(十兵衛母さんより教えて頂きました。知らんかったよー。)
****************

じねん亭鶴乃舞
5月20日(日)12:50撮影。

お芋の下に隠れてたアツアツのゴハンは、会津産の黒米です。
ミネラルたっぷり健康にも良さそうですね。

ちょっぴり塩味がきいたお芋と一緒に黒米ゴハン。
美味しいですよぉ~

じねん亭鶴乃舞
5月20日(日)12:47撮影。

主人は、こちら。
山法師わっぱ(小鉢・漬物・みそ汁):1,050円

ぜんまいやキノコの山菜、朝鮮人参やクコの実などが
入ってるわっぱ飯です。こちらも美味しそうでしたよ。
主人は、ものすごーーく気に入ったそうです。
かなりの ご満悦でした。

※2008年春頃、閉店しました。
■じねん亭鶴乃舞
■住所 会津若松市七日町3-34
■TEL 0242-29-7117
■営業 11:00-14:00 / 17:00-21:00
■休業 火曜日
■駐車場 7台

駐車場は二つの店の間を通り抜けた裏側にあります。
クルマ一台通れる程度の割と細い道なので、進入時は注意です。
通りから勢いよく進入するのは、ややキケンです。(^^;

この記事を下記にトラックバックさせて頂いております。
トラックバック・ピープル:会津について会津についてのトラックバックピープル
* テーマ:福島県 - ジャンル:地域情報 *
会津伝統の郷土料理こづゆ食べ比べ 
2007.03.20.Tue / 23:26 
会津の伝統料理を考える
3月17日(土)12:32撮影。

会津の郷土料理として代表される「こづゆ」を
無料で地域ごとに食べ比べできる!!


ということで、土曜午後は昼食もそこそこに軽くして
会場である会津若松ワシントンホテルへ行きました。
こづゆ食べる気満々です。

※事前申し込み先着200名・入場無料で開かれたイベントです。

鈴木真也氏の公演@会津の伝統料理を考える
3月17日(土)13:21撮影。

第一部は、籠太(居酒屋)の経営者であり郷土料理研究家の
鈴木真也氏の講演です。
演題は「城下町・会津の郷土食」


こづゆやニシン・棒だら・鯉の甘煮などの会津の郷土料理のルーツは?
会津の気候風土・会津が歩んできた歴史・他地域との流通環境との
関わり、郷土料理研究の苦労や面白さ・会津の器から見る食文化などの
観点から広範囲に大変興味深いお話が満載でした。

時間の許す限り、多くの貴重なお話をして下さった鈴木氏に
感謝申し上げます。


さてさて、お待ちかね。
ここからは第二部、いよいよ各地のこづゆ食べ比べです♪

会津若松・喜多方・猪苗代・南会津・西会津のこづゆが登場しました。

会津の伝統料理こづゆ@会津若松ワシントンホテル

◇会津若松市:会津若松ワシントンホテル

会津の伝統料理こづゆ@籠太(会津若松市)

◇会津若松市:籠太

会津の伝統料理こづゆ@西会津商工会婦人部

◇西会津町:西会津商工会婦人部

会津の伝統料理こづゆ@ヴィラ・イナワシロ(猪苗代町)

◇猪苗代町:ヴィラ・イナワシロ

会津の伝統料理こづゆ@ゆもとや旅館(喜多方市)

◇喜多方市:ゆもとや旅館

会津の伝統料理こづゆ@NPO法人はいっと(南会津町)

◇南会津町:NPO法人はいっと


現代のこづゆ6種類(5地域)並びましたが、
写真でも違い、判りますか?
(撮り方の違いじゃなくって・・)

具の種類や数・切り方が結構違ってるものなのですね。
ダシも干し貝柱が中心なのでしょうけれど、それぞれ
他のダシ(しいたけとか?)も効いてて微妙に違いが
出てました。

こづゆって、具はどれも細かく切られているという
イメージでしたが、特に南会津は意外と大きめの
乱切りっぽかったのが印象的。

味で一番衝撃を受けたのは、実は西会津。
薬味のおろししょうがが乗っており、ちくわも入ってたり
他とは全く違うタイプのこづゆでした。
体が芯から温まりそうな汁でした。
これはこれで美味しい。

どのこづゆも美味しく頂き、なんだかんだお腹いっぱいです。♪
同じ会津でもこんなにいろいろなこづゆがあるんですね~

会津の伝統料理こづゆ@きよ彦プロデュース

そして、こちらはサプライズの一品!

◇こづゆのジュレ
~きよ彦さんプロデュース「新しい会津の食の発表試食会メニューより」
:会津若松小規模事業者新事業全国展開支援事業実行委員会

こづゆを寒天とゼラチンで固めたデザート感覚のこづゆ料理。

見た目にも美しく、よく冷えているジュレは
とっても美味しく頂けましたよ。三つ葉も爽やか。

会津の伝統料理こづゆ@ゆもとや旅館(喜多方市)
3月17日(土)15:10撮影。

嵐の後。(笑)

定員200名のこのイベント。
食べ比べの会場は、200名+関係スタッフが全員入ったら
ギュウギュウ詰めという状態でした。

そんな中、8枚つづりの食券を持って周り、一皿ずつ その都度
こづゆと引き換えて食べるのは ものすごーく大変でした。
満員電車の如く身動きとれないし、食べる席もなく立ち食いだしで。。。
こづゆを持って落ち着ける空間に移動するのも一苦労。
(床にぶちまけてる人もいたっけ…)

そんでもって、
今回の目玉とも言える「再現された江戸時代のこづゆ」(籠太)というのを
食べ損ねました。あっという間に品切れになってしまいまして。(泣)
全員分あると思ってのんびりしてた私がバカでした。残念!

江戸時代のこづゆも食べたかったぁ。
見てみたかったぁ。(見ることすら出来なかった…)
一つのお盆に、7つのこづゆ&ジュレを並べて
席について ゆっくり味わって8品を食べ比べをしたかったな。。
無料とはいえ、そこが少し残念なところ。

江戸時代後期から明治初期にかけて、庶民に ごちそうとして広まり、
今では 会津伝統のおもてなし料理として定着している「こづゆ」。
江戸時代のこづゆとは いったいどんなものであったのか、など
いろんな意味で 江戸時代の会津の食にも思いをめぐらすことが
できた有意義なひとときでした。




このイベント会場では、今までネット上でのおつきあいだった方と
ついにお会いすることができました。
会津主義さん&ながけんさんです。
お二人との対面が叶って、とても嬉しかったです。
こづゆ食べるのに忙しく、あまりお話もできませんでしが
「会津主義さん、ながけんさん、今後ともお付き合い宜しくお願いします。」


この記事を下記にトラックバックさせて頂いております。
トラックバック・ピープル:会津について会津についてのトラックバックピープル
* テーマ:福島県 - ジャンル:地域情報 *
めっぱめし@料理旅館田事「休み石茶屋」 
2007.02.28.Wed / 23:54 
料理旅館田事
2月19日(月)13:16撮影。

先週の月曜日の昼食は、
「わっぱ飯とか郷土料理が食べたい」という友人と共に
料理旅館田事』へ行ってみました。

料理旅館田事
2月19日(月)13:15撮影。

会津若松駅から そう遠くないとは言え
ちょっと閑静なエリアにたたずむ純和風な趣の旅館です。

人目につきにくい隠れ家風といったところでしょうか。

宿泊客でなくても、食事処「休み石茶屋」にて
食事を楽しむことができるのです。

もともと割烹料理の店だったというこちらのお料理は
さすがに評判も良く、かなりの期待が持てます♪

料理旅館田事
2月19日(月)12:24撮影。

幾つか食事部屋がある中で、
上炉端」という部屋へ案内されました。

炉端で 楽に腰掛けながら食事ができます。

料理旅館田事
2月19日(月)11:50撮影。

風情があって、いい感じ。

めっぱめしの昼食セット@料理旅館田事
2月19日(月)11:58撮影。

一番リーズナブルな昼食セットを頂きました。

めっぱめしの昼食セット:1,575円

鮭せいろめっぱめし@料理旅館田事
2月19日(月)13:16撮影。

鮭せいろめっぱめし

めっぱ飯は、フタを開ける瞬間のワクワクと感動が嬉しい。

アツアツのご飯に 鮭と三つ葉とゴマがのってます。
鮭の旨さに加えて、三つ葉の香りとゴマの風味が
食欲を誘います。

美味しい!!

めっぱめしという表現は、
曲げわっぱの器にご飯を入れて農作業や山仕事に
持参して食べてた会津の習慣に由来する。
「めっぱめし」は 言わば お弁当なのですね。

「わっぱ飯」とも言いますが、(むしろその方が一般的っぽいかな)
田事では、「めっぱ飯」としてます。

とうもろこしの豆腐@料理旅館田事
2月19日(月)11:54撮影。

とうもろこしの豆腐

舌の上でとろけるようなクリーミーな口当たり。
とうもろこしの甘みも まるでデザートのよう。
とても気に入った一品です。

揚げ卵@料理旅館田事
2月19日(月)11:55撮影。

こちら、何に見えますか?
卵に衣をつけて揚げたものです。
この説明だけだと、シンプルなお料理ですが
衣がしっかりカリッと揚がっていて、美味しかったですよ。

他、おひたし・味噌汁(なめこ入り)・たくあん。

一口一口じっくり味わって、おしゃべりを楽しみながら
頂きました。お腹もじゅうぶん満足。
美味しゅうございました。

料理旅館田事
2月19日(月)11:58撮影。

白魚(しらす)せいろめっぱめし

こちらは、友人のめっぱ飯。

…あ、この昼食セットは、数種類あるめっぱ飯の中から
好みのものを選ぶことができます。


しらす&シソ&ゴマ、そして梅。
これもまた美味しそうでしたね~

休み石茶屋(料理旅館田事)
2月19日(月)12:15撮影。

単品で、鮎の塩焼き:735円というのもありますが
今回は、食べませんでした。

※写真は、他のお客さんのを写したんです。

でも、目の前で美味しそうに焼けていく様子を眺め、
焼ける匂いをかぎ、すごーく食べてみたかったです。

ホントは、途中まで「コレは自分が食べる分」だと
本気で勘違いしてました。注文してないくせに。(笑)
食べたかったぁ。

今回はランチで軽くめっぱ飯のセットでしたが、
いずれ、郷土料理のコースなども味わってみたいと思いました。
両親をここへ案内するのもいいかな♪



■料理旅館 田事
■住所 会津若松市城北町5-15
※会津若松駅からだとピボットの前を通り、城北小学校を過ぎてすぐの信号で
右方向へ折れ、スーパー(かねか)の前を通り過ぎた先で右折して進むと
右手に現れます。一方通行の道に ご注意を。
■TEL 0242-24-7500(代) ※予約用⇒0242-24-7711
■営業 11:30-14:00 / 17:00-21:00
■休業 (休み石茶屋) 不定休
■URL http://tagoto-aizu.com/

今回は平日だったので、特に予約もなく行きましたが
休日などの場合は予約など確認をとって行くことを
オススメします。

この記事を下記にトラックバックさせて頂いております。
トラックバック・ピープル:会津について会津についてのトラックバックピープル
* テーマ:福島県 - ジャンル:地域情報 *
定食屋 「渡」  
2007.01.25.Thu / 22:21 
渡 (門田町の定食屋さん)
1月21日(日)13:00撮影。

門田町の定食屋さん 『

渡 (門田町の定食屋さん)
1月21日(日)13:02撮影。 斜め向かいの駐車場から撮影しました。

ファッションセンターしまむら門田店(国道401号沿い)から
程近い住宅地にあります。

久々に渡へ行ってきました♪

豚角煮定食@渡
1月21日(日)12:32撮影。

私は、こちら! 豚角煮定食:1,100円

豚角煮定食@渡
1月21日(日)12:32撮影。

かなり大きめの角煮がゴロンと入っていて、
ホロホロほぐれ、トロトロ柔らかくて実に美味しいのです。
煮汁がよ~く浸みた大根も旨い。

お店で人気メニューの一つです。

そういえば、私が初めてこの店に行ったきっかけも
「渡の豚角煮が美味しいのよ~」 って
とある女性から強く勧められたからでした。

ちなみに、ご飯は おひつに入った状態で運ばれてきて
自分で好きな分だけ茶碗に盛り付けます。
もちろん、おひつには じゅうぶんおかわりが出来る量が入ってます。

ついつい、ご飯を食べすぎちゃいます。(笑)

若鳥唐揚げ定食@渡
1月21日(日)12:33撮影。

若鳥唐揚げ定食:850円

若鳥唐揚げ定食@渡
1月21日(日)12:32撮影。

唐揚げも結構なボリュームありますよ。

食後のコーヒー(無料)@渡
1月21日(日)12:51撮影。

食後にコーヒー
こちらはランチタイム(11:00-14:00)の無料サービスで、セルフで頂きます。
ありがたいですね~

苦しいくらい満腹になれる、大満足の定食屋さん!
和食以外にもカレーやハンバーグなどの洋食メニューも豊富です。
夜は飲み屋になるのかな。お酒が飲める雰囲気です。


■渡
■住所 会津若松市門田町大字日吉字丑淵63-8
■TEL 0242-28-3930
■営業 11:00-14:00 / 17:30-21:30
■休業 月曜日
■駐車場 店の前と斜め向かいの敷地に じゅうぶん確保されています。

この記事を下記にトラックバックさせて頂いております。
トラックバック・ピープル:会津について会津についてのトラックバックピープル
* テーマ:福島県 - ジャンル:地域情報 *
吉野家の牛丼復活祭 
2006.09.18.Mon / 23:58 
復活の牛丼!@吉野家
9月18日(月)17:13撮影。

吉野家の牛丼復活祭

9月18日、一日限りの復活。
しっかり頂いてきましたよ。

11:00開店でしたけど、焦らず夕飯時に「並盛り:380円」で。

…焦らずってのは、実はウソ。
11時少し前に店に行ったら、あまりの混雑ぶり行列ぶりで
駐車場への入場すら拒否されてしまったのでした。
49号沿いの店もまた同様に入場拒否されました。
一度は断念したけど、時間をおいて改めて行ってみて
見事に食べることが出来ました。

復活の牛丼!@吉野家、118号線会津若松南店<br />
9月18日(月)17:22撮影。

「牛丼やってます。」のぼりが嬉しいですね~

復活の牛丼!@吉野家、118号線会津若松南店<br />
9月18日(月)17:23撮影。

この時間は、余裕で席について「すぐに食べられます。」

やっぱり、この味だよぉ。
牛丼は吉野家の この味が美味しいですね~


復活の牛丼!@吉野家、オリジナルてぬぐい
9月18日(月)18:45撮影。

牛丼復活記念のオリジナルてぬぐいをGET!

復活の牛丼!@吉野家、オリジナルてぬぐい
9月18日(月)18:47撮影。

次回の復活は、10月1日(日)朝11時~だそうですよ。 (意外とすぐ。)

早く、ちゃんとした復活を遂げてくれるといいですね。。

■吉野家
■URL http://www.yoshinoya-dc.com/

※118号線会津若松南店
■住所 会津若松市西栄町5-21
■TEL 0242-38-3123
■24時間営業


この記事を下記にトラックバックさせて頂いております
■creepinさんの「B級グルメ大好きウマうま日記
記事⇒吉野家の牛丼

やはり牛丼を食べに行きましたね~ creepinさん!

七日町とうふ茶屋 清水庵 
2006.09.01.Fri / 16:50 
七日町とうふ茶屋 清水庵
8月29日(火)12:18撮影。

友達と二人で、『七日町とうふ茶屋 清水庵』にてランチ。

以前、ここは「玉梨とうふ茶屋」(本店は金山町にある) だった場所。
新しい店に変わってから行ったのは、実は今回が初めて。

店が変わっても、会津のとうふ料理専門店であることに
変わりはないようです。

美肌クイーン御膳@清水庵
8月29日(火)11:45撮影。

美肌クイーン御膳:1,200円
東北じゃらん9月号に載っていた9/30までの限定メニューです。

「とうふごっつお膳(1,000円)」でも食べようかと考えてたのですが
何やら じゃらんの特別メニューの「美肌」という文字に魅かれて…

まず、食前に出された豆乳が クセがなくて飲みやすく
とっても美味しかったです。
もっといっぱい飲みたかったなー。(欲張り)

御膳には、玉梨とうふ茶屋の「青ばと豆腐」
湯葉とフカヒレの姿煮、豆腐とおからの厚焼き玉子などなど
豆腐料理づくし。

ゴハンは、一人分ずつの釜で炊いた会津米:ミルキークイーン
同じく七日町通りにある鶴乃江酒造の仕込み水
使って炊いているのだそうです。美味しいわけです。

女性が特に好みそうなヘルシー御膳でしたよ!
…美肌になったかな??

閉店しました▼
■七日町とうふ茶屋 清水庵
■住所 会津若松市七日町3-35 ⇒地図
■TEL 0242-27-6050
■営業 11:00-14:00 / 17:00-21:00
■休業 月曜日(祝日の場合は営業)
■駐車場 あり(店の裏手に)


この記事を下記にトラックバックさせて頂いております。
トラックバック・ピープル:会津について会津についてのトラックバックピープル
* テーマ:福島県 - ジャンル:地域情報 *
わっぱめし&特製カレー@たか膳 
2006.04.08.Sat / 23:29 
たか膳

道路沿いで目立ってるこの大きな文字!
お店のイチオシは、「わっぱめし」&「特製カレー」らしい。
最近ずっと気になってたので、
本日ついに行ってみることになりました。

たか膳
4月8日(土)13:08撮影。

河東町にある 『 會津遊食 たか膳 』 という和風な趣のお店。

ヘルシーきのこわっぱめし
4月8日(土)12:42撮影。

ヘルシーきのこわっぱめし:1,260円
こづゆ・お新香・サラダ付でした。

シソとゴマがいっぱいふりかけられたきのこわっぱめし。
舞茸の他に なめこも入ってるのでヌメリもあってアツアツです。

シソ&ゴマの風味もよく利いてて美味しいです。

カレー
4月8日(土)12:40撮影。

カレー:950円

主人が食べたのは、当然ですがカレーです。(笑)
彩りよく綺麗な盛り付けのカレーですね~ 美味しそう!

お味の感想は、 カレー屋@福島県で御覧下さいませ。
「カレー屋@福島県」 : 會津遊食 たか膳 [福島県会津若松市] 

■たか膳
■住所 会津若松市河東町高野字高塚山57
■※会津日新館の近く。先日ご紹介したバーデンバーデンの隣です。
■TEL 0242-75-5667
■営業 11:00-14:30 / 17:00-20:30
■休業 木曜日

一見して、和食のお店にも見えますが、
カレーの他に ハンバーグやステーキなどの洋食メニューもあり
和洋折衷な食事処でしたよ。


この記事を下記にトラックバックさせて頂いております。
トラックバック・ピープル:会津について会津についてのトラックバックピープル
会津の居酒屋・ラーメン情報 -たろう倶楽部-
記事⇒会津飲食店『たか膳』

あー☆さんもカレー食べたんですね~! 感想は主人と同意見みたい。
* テーマ:福島県 - ジャンル:地域情報 *
焼き鳥の店:地鶏庵 
2006.01.30.Mon / 23:48 
先月12月16日、会津若松にオープンしたばかりの『地鶏庵』

もともと昔から『元気寿司』があった所ですね。
…途中、別な回転寿司屋さんになったりもしましたが
先月「地鶏庵」がオープン。

昨晩、行ってきました。二度目の来店です。

焼き鳥はもちろん、唐揚げや鶏の創作料理、
さらには おでんも食べられるお店です。


でも、私は ここの釜飯が特に気に入ったので ご紹介。

田舎釜めし@地鶏庵
1月29日(日)19:02撮影。田舎釜めし。

田舎釜めし:800円
こちらは、山菜や筍が入ってる釜飯です。

とにかく ”おこげ ”が良い。
何とも言えない美味しさ!!


「地鶏釜めし」も本当に美味しいですよ~


出来上がりまで25分くらいかかるメニューなので
釜飯を食べたい場合は、すぐに注文した方が良いでしょう。

注文すると、すぐにテーブルへ運ばれてきて
目前で火をつけて、作り始めます。
沸騰して湯気が立ち始めたら、フタをとってよくかきまぜ
またフタをして しばし待つ。
固形燃料の火が消えたら、はい出来上がり~

写真は、ちょっと見栄え良く見えるように整えてみました。

ほぼ出来上がった釜飯が運ばれてきて、
目前で3分蒸らして待つ、というスタイルの『とりでん』とは
また違っていて楽しい。


釜飯セット@地鶏庵
1月29日(日)19:02撮影。釜飯セット。

釜飯には、味噌汁・小鉢・香の物がセットでついてきます。
自分が食べたいタイミングで注文することができるので便利。
釜めしが出来る頃に注文すると良いでしょう。


地鶏庵
1月29日(日)19:22撮影。地鶏庵 東千石店。

店先は、純和風庭園のような雰囲気が漂ってます。

焼き鳥の店だっていうのに、釜飯しか紹介しませんでしたが
他のメニューも勿論オススメなので、まだ行ったことがないと
いう方も、是非行ってみて下さい。

■地鶏庵 東千石店
■965-0818 会津若松市東千石2-2-1 (ケンタッキーの信号近く)
■TEL/FAX 0242-26-2323
■URL http://www.kitakata.co.jp/ (株式会社キタカタ)

注文のシステムが とても効率的です。
まるでカラオケの操作のように、自分で注文しちゃうんですよ。

ホンジャマカの石ちゃんに会いました。 
2005.09.12.Mon / 23:48 
実は昨日、お昼を食べに行った「満田屋」さんで、
ホンジャマカの石塚さんに出会いました。

店の前にマイクロバスが停まってたので、
「あ~あ、団体のツアー客でもきてるんだろうか。。
 早めに来たけど、もう満席かも。」
と、不安な気持ちで店内に入ってみて、びっくり!

大きな体つきにオーバーオールスタイルの石ちゃん!!

テレビで見たことあるそのまんまだぁ~~

もう撮影は終了して、帰るところだったようでしたが
ちゃっかり、お願いして写真を撮らせて頂きましたよ~

「写真一枚だけ撮らせて下さい」とお願いしたら
マネージャーさんらしき方が、「せっかくだから一緒にどうぞ!」
と言って下さり、ツーショット写真を撮ることができたのです。

わーい、わーい、ばんざーい!!

いつもの石ちゃんスマイルの横に私が一緒に!?
ホント信じられなーい。

石ちゃんのサイン色紙@満田屋
9月11日(日)11:49撮影。

左の色紙が、石ちゃんのサイン色紙です。

「メレンゲの気持ち」のロケで来ていたらしい。

オンエアはいつなのかな?
チェックしなくちゃ。
会津の美味しいもの、他にも食べたのかなあ?

まいう~♪


関連記事
味噌田楽が美味しい満田屋(9/11)


##### 2006年1月20日追記 #####

肖像権侵害にあたると思うので 石ちゃんとの
ツーショット写真を削除しました。

残念ながら ここでそのツーショット写真を公開することは
出来ませんが、とってもとっても嬉しかったです。
本当に良い想い出となりました。石ちゃん、大好き!
【FC2カウンター】
2006/04/19以降の訪問者数

現在の閲覧者数:
【全記事タイトル一覧】
全タイトルを表示
月別の記事タイトル一覧を表示
【ブログ内検索】
【月別アーカイブ】
【プロフィール】

るるぷぅ

Author:るるぷぅ
<会津在住歴:14年>
福島県会津若松市にて、
カレー好きな夫&犬(ミニチュア
ピンシャー♂)と暮らす30代主婦。
食いしん坊で写真撮影が好き。
山形県で生まれ育ちましたが、
会津は私の第二の故郷です!




☆ Twilog (rurupu_aizu)

【メッセージBOX】
直接記事に関係ないことや内緒 話などは、コチラから管理人へ 直接メールを送信することがで きます。 どうぞ、お気軽に!

名前:
メール:
件名:
本文:

【QRコード】
ケータイからも閲覧できます。
http://ruruaizu.blog61.fc2.com/?m
QRコード
【美味しいもの探しのお供に。】

【會津ManMaコンシェルジュ】食べ歩き地元ブロガーおすすめ会津グルメ

會津ManMaコンシェルジュ
食べ歩き
地元ブロガー
おすすめ
会津グルメ

2011年7月4日(月)発売
2011年8月10日(水)第2刷発行
2012年7月第3刷発行
税込780円

書店やセブンイレブン他、
★セブンネットショッピングで
購入可能です!

【アクセス解析】
CopyRight © るるぷぅAizu All rights reserved.
Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG /