ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
土津神社と保科正之公墓所 
2010.10.12.Tue / 21:20 
土津神社
9月6日(月)13:50撮影。

午後は、まず猪苗代町内の 『 土津神社 』へ nikko81さんを御案内。

会津の初代藩主 保科正之公を祀る神社です。

正之の没後、延宝3年(1675年)に建立された神社であるが、戊辰戦争に
よって焼失し、後に明治13年(1880年)に再建されたとのこと。
白い鳥居がとても立派で目を引きます。

保科正之といえば、名君としてたたえられている人物。
また、徳川二代将軍 秀忠の子(徳川三代将軍家光とは異母弟)と
いう出生もまた有名な話。高遠藩主・保科正光の養子として育てられ、
高遠藩主を継いだ後、山形藩主を経て 会津藩主を務めました。
四代将軍家綱の補佐役として幕政にも大きく関わり、正之亡き後も
幕末まで代々、会津松平家として幕府を支えたのでした。

蛙@土津神社
※Camera:ASAHI PENTAX SP / Super-Multi-Coated TAKUMAR 55mmF1.8
※film:FUJICOLOR SUPERIA X-TRA 400)


まずは境内を散策してお参り。

土津神社
※Camera:ASAHI PENTAX SP / Super-Multi-Coated TAKUMAR 55mmF1.8
※film:FUJICOLOR SUPERIA X-TRA 400)


蛙@土津神社
※Camera:ASAHI PENTAX SP / Super-Multi-Coated TAKUMAR 55mmF1.8
※film:FUJICOLOR SUPERIA X-TRA 400)


手水舎でも可愛い蛙さんに出会いました♪

保科正之公墓所「奥の院」
9月6日(月)14:50撮影。

境内には、正之公を讃える「土津霊神之碑」

土津神社
9月6日(月)14:02撮影。

会津松平家の末社。
正之の子や仕えた家老達の墓所。

以前に訪れた時も思いましたが、立派というか
家臣までもが手厚く祀られていますね。

保科正之公墓所「奥の院」

それでは続いて、保科正之公墓所「奥の院」へ行きましょう。

私も初めての訪問。

保科正之公墓所「奥の院」参道
9月6日(月)14:13撮影。

この長い坂道の上に墓所があるようです。
そこは誰もいない、とても静かな参道です。
森林浴気分で散策。
午前中、あんなにいっぱい歩いたのにネ!

足元には人為的に置かれたと思われる石がゴロゴロ。
綺麗に角がとれた丸い石ばかりです。

「石畳の参道だったんだろうね~」なんて話しながら、
長い年月の流れに思いを馳せつつ、歩きました。

保科正之公墓所「奥の院」参道
9月6日(月)14:17撮影。

途中、、

「参道を修理しています」との工事案内看板がありました。
丁寧に「昨日の現場状況」なる作業の進捗報告も。

ああ、やっぱり!!
参道は石畳だったんだ。
そして、今、これをキレイに整備しようとしてるのね。

やっぱ、アレでしょう。
「名君『保科正之公』の大河ドラマをつくる会」もあるみたいですよ。
正之公が主人公になる日は果たして来るのだろうか。

来年 2011年の NHK大河ドラマは「江~姫たちの戦国~」
主人公は、お江の方。秀忠の継室。秀忠は、お江の方に
知られないよう、正之をこっそり養子に出したんだよねぇ。。
う~ん、少しは保科正之公のことにも触れられたりするのかな?
ゆかりの地として、何かしらPRできるのかな?

保科正之公、来年はちょうど生誕400年にあたります。

これを機に、この地もまた全国から人が訪れる人気の
観光スポットに なり得るのでしょうか。
ゆくゆくは参道も人がゾロゾロ歩いていたりして!?

保科正之公墓所「奥の院」参道
9月6日(月)14:18撮影。

参道の後半、墓所近くの方が、石畳はキレイに残ってます。

個人的には、こんな風に、ところどころ欠落してたり、石に
苔むしてるくらいが風情あるような気もしますが、美しく整備
が完成された姿もまた興味あります。

nikko81さん共々、改めてビフォーアフターを見る楽しみが
できましたね~ということで。(^^)
良いタイミングで訪れたのかも。

完成を楽しみにしています。

保科正之公墓所「奥の院」
9月6日(月)14:22撮影。

奥の院に到着。
なかなか立派ですね~

この静寂が心地よく感じた空間でした。

しっかり、参拝してきましたよ。

保科正之公墓所「奥の院」
9月6日(月)14:26撮影。

保科正之公墓所「奥の院」
9月6日(月)14:26撮影。

保科正之公墓所「奥の院」
9月6日(月)14:31撮影。

なぜ鍵が「BULLDOG」!?
「KEYNO 108」!?

この鍵は、いつからここに付いてるのかしらん???

保科正之公墓所「奥の院」
※Camera:ASAHI PENTAX SP / Super-Multi-Coated TAKUMAR 55mmF1.8
※film:FUJICOLOR SUPERIA X-TRA 400)


会津松平家の紋。

保科正之公墓所「奥の院」
9月6日(月)14:25撮影。

これ以上近寄ることができないので、写真は撮ってないのですが、
この奥に円墳があり、「土津神墳鎮石」と刻まれた八角形の鎮石が
あるそうです。

もと来た参道を戻り、下っていくと麓の境内では
参道修理の工事関係者が準備を始めているところでした。

修理の作業中は通行禁止との事だった参道・・・
いやぁ、通行禁止時間帯になる前に拝めてラッキーでした。


■土津神社 (はにつじんじゃ) 
■住所 福島県耶麻郡猪苗代町字見祢山1
■TEL 0242-62-2160
■参拝自由
■駐車場 あり

◆関連ブログ記事
nikko81さん ⇒ 会津を心ゆくまで・・・3日目 土津神社+保科正之墓所。

◆過去の関連記事
土津神社の桜 (2008/05/10)
スポンサーサイト
* テーマ:福島県 - ジャンル:地域情報 *
COMMENT TO THIS ENTRY
--武田フリークとしては・・・・--

nikko81です。

武田フリークとしては、
信玄公の娘、見性院に引き取られた由緒が
気になります。

お江の方が引渡しを求めても、
将来は、武田を名乗らせる・・といって、
頑と引き渡さなかったとか。
# 実際は武田家臣筋の保科家になるわけですが・・


- from nikko81 -

--◆nikko81さんへ--

織田家ゆかり、武田家ゆかりとか徳川の世に
なってもいろいろあったのでしょうねぇ。
nikko81さんと一緒に奥の院へ行くことができて
良かったです。

- from るるぷぅ -

   非公開コメント  
スポンサーサイト土津神社と保科正之公墓所のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
【FC2カウンター】
2006/04/19以降の訪問者数

現在の閲覧者数:
【全記事タイトル一覧】
全タイトルを表示
月別の記事タイトル一覧を表示
【ブログ内検索】
【月別アーカイブ】
【プロフィール】

るるぷぅ

Author:るるぷぅ
<会津在住歴:14年>
福島県会津若松市にて、
カレー好きな夫&犬(ミニチュア
ピンシャー♂)と暮らす30代主婦。
食いしん坊で写真撮影が好き。
山形県で生まれ育ちましたが、
会津は私の第二の故郷です!




☆ Twilog (rurupu_aizu)

【メッセージBOX】
直接記事に関係ないことや内緒 話などは、コチラから管理人へ 直接メールを送信することがで きます。 どうぞ、お気軽に!

名前:
メール:
件名:
本文:

【QRコード】
ケータイからも閲覧できます。
http://ruruaizu.blog61.fc2.com/?m
QRコード
【美味しいもの探しのお供に。】

【會津ManMaコンシェルジュ】食べ歩き地元ブロガーおすすめ会津グルメ

會津ManMaコンシェルジュ
食べ歩き
地元ブロガー
おすすめ
会津グルメ

2011年7月4日(月)発売
2011年8月10日(水)第2刷発行
2012年7月第3刷発行
税込780円

書店やセブンイレブン他、
★セブンネットショッピングで
購入可能です!

【アクセス解析】
CopyRight © るるぷぅAizu All rights reserved.
Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG / 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。