ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
飯山市菜の花公園 
2008.06.06.Fri / 23:43 
菜の花公園@飯山
5月4日(日)09:42撮影。

長野旅二日目、朝早く松本を発って向かったのは 『飯山市菜の花公園』。

約13haもの広大な菜の花畑が辺り一面を黄色に飾ります。
千曲川の流れ、遠方の山々、そして菜の花を丘の上から一望!
素晴らしい眺めでした。

菜の花公園に限らず、ここ飯山では至るところでも菜の花畑を
見ることができましたよ。

菜の花公園@飯山
5月4日(日)09:18撮影。

千曲川に掛かる赤い大関橋も絵になります。

菜の花公園@飯山
5月4日(日)09:19撮影。

カメラマンは もちろんのこと、絵描きさんもおりました。

童謡 「朧月夜」は、作者が この飯山の風景をもとに作ったものだそうです。
ちょうど菜の花まつり開催中だったこの日、公園には 「朧月夜」の歌声が
響き渡りました。昔、子供の頃に唄った懐かしい曲。

まさに菜の花畑を目前にして聴いた「朧月夜」の美しい歌詞と優しいメロディに、
心が温かくなりました。童謡って素晴らしい!

菜の花ソフトクリーム@菜の花公園
5月4日(日)09:34撮影。

ついつい手が出ちゃう、菜の花ソフトクリーム:300円 (^0^)

朝から結構暑かったせいか、ゆるくて大急ぎで頬張りました。
菜の花が入っていたのかな?それとも菜葉の方かな?
ちょっと緑がかってたのような・・・

モブログでも触れましたが、、飯山の菜の花は、お葉漬け用漬け菜です。
そこが信州ならでは。信州の漬け菜と言えば、野沢菜ですよね。(^^)
さらに、これらは お葉漬け用に収穫されるのでも菜種油を採るのでもなく、
漬け菜栽培の為の種子採として利用されるとか。
これだけの畑があれば、さぞ大量の種が採れることでしょう。

◆関連記事
あかべぇと菜の花公園 (2008/05/04)

菜の花公園@飯山
5月4日(日)09:45撮影。管理棟。

菜の花公園@飯山
5月4日(日)10:01撮影。

東小学校@菜の花公園
5月4日(日)10:03撮影。

菜の花公園には小学校が隣接してました。
こんな素敵なロケーションで学べるなんて、ちょっとうらやましいです。

菜の花公園@飯山
5月4日(日)10:06撮影。

こいのぼりも のびのびと空を泳いでました。

どこ見ても のどかで穏やかな風景が広がっていました。
またいつか行けたらいいなー。
菜の花公園だけでなく、もっとこの町を散策したいです。


■飯山市菜の花公園
■所在地 長野県飯山市大字瑞穂495-1
■協力金(駐車料金) 500円
■問い合わせ先
いいやま菜の花まつり実行委員会
TEL 026962-3111(内線 262 / 263)
■URL (飯山市) http://www.city.iiyama.nagano.jp/より
菜の花公園に関する詳細ページ
スポンサーサイト



* テーマ:信州/長野県 - ジャンル:旅行 *
COMMENT TO THIS ENTRY
   非公開コメント  
飯山市菜の花公園のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
【FC2カウンター】
2006/04/19以降の訪問者数

現在の閲覧者数:
【全記事タイトル一覧】
全タイトルを表示
月別の記事タイトル一覧を表示
【ブログ内検索】
【月別アーカイブ】
【プロフィール】

るるぷぅ

Author:るるぷぅ
<会津在住歴:14年>
福島県会津若松市にて、
カレー好きな夫&犬(ミニチュア
ピンシャー♂)と暮らす30代主婦。
食いしん坊で写真撮影が好き。
山形県で生まれ育ちましたが、
会津は私の第二の故郷です!




☆ Twilog (rurupu_aizu)

【メッセージBOX】
直接記事に関係ないことや内緒 話などは、コチラから管理人へ 直接メールを送信することがで きます。 どうぞ、お気軽に!

名前:
メール:
件名:
本文:

【QRコード】
ケータイからも閲覧できます。
http://ruruaizu.blog61.fc2.com/?m
QRコード
【美味しいもの探しのお供に。】

【會津ManMaコンシェルジュ】食べ歩き地元ブロガーおすすめ会津グルメ

會津ManMaコンシェルジュ
食べ歩き
地元ブロガー
おすすめ
会津グルメ

2011年7月4日(月)発売
2011年8月10日(水)第2刷発行
2012年7月第3刷発行
税込780円

書店やセブンイレブン他、
★セブンネットショッピングで
購入可能です!

【アクセス解析】
CopyRight © るるぷぅAizu All rights reserved.
Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG /